creation

エピソード

「あったらいいな、こうだといいな」
そのニーズに応えるサービスを創造する

生活スタイルや大事にしていること、好きなモノ、困っていること・・・お客様一人ひとりの暮らしに寄り添っていくと、何が必要なのか見えてきます。
そして、誰かのニーズはまた別の誰かのニーズでもあるとわかります。

creation

ホームセンターカンセキ
販売促進グループ
横山の
創造エピソード

WILD-1
販売部
岸山の
創造エピソード

creation

ホームセンターカンセキ
販売促進グループ
横山の
創造エピソード

WILD-1
販売部
岸山の
創造エピソード

:creation ー Ep.01

販促物は商品購入の「きっかけ」となる架け橋、徹底したお客様目線をもとにデザインする

ホームセンターカンセキ 販売促進グループ
【2015年入社】 横山 しおり

私がチラシや販促物の制作で大事にしているのは、自分もお客様目線でいることです。普段からホームセンターをはじめ100円ショップ、雑貨屋などいろんな店を回り、ポップやチラシをチェックしています。パッと見て「購買意欲をそそられるか?」には「どの部分に、どういう理由でそそられるのか」を考え、自分の「創造」につなげます。

ネットショッピングが盛んな時代、販促物の役割は、いかに売場で購買意欲を起こす「きっかけ」になれるかだと思うのです。仕事柄、お客様の反応を毎日見ることはできませんが、チラシや販促物を通してお客様の買い物をサポートし、さらにお店で販促物を見たからこそ思わず買いたくなる「ときめき」も、プラスαとして贈れたらと思っています。将来はお客様が買い物したくなる売場のあり方を、デザイン部署からも提案できるように動いていきたいです。

:creation ー Ep.02

アウトドア好きになってもらうために重要なアイテム選び、丁寧なヒアリングでお客様の求めるアウトドアライフを実現

WILD-1 販売部
【2017年入社】 岸山 直路

もっと多くの人にアウトドアの良さを伝えたい。そのために僕が日頃「創造」しているのは、アウトドアシーンを具体的に想像して商品提案することです。例えばキャンプなら、夏メインに楽しむ方には空気穴が付いた涼しいテントを紹介し、冬も含め一年中行くのであれば、下から風が入らないタイプを紹介する……というように、一人ひとりに合わせた提案を心掛けています。

「行かれる時期は決まっていますか?」「どんなキャンプがしてみたいですか?」などと細かく聞くので、商品選びには時間がかかります。でも、その道具がなぜ必要か理解して買ってもらったほうが、キャンプ愛が持続すると思うのです。最近は、「勧められて買った商品がすごく役に立ったよ。だからまた聞きにきたよ」と言ってくださる方も増えてきて、嬉しいです。将来的には「あの人に聞けば、キャンプのことは何でもわかる!」と言われるような名物スタッフになりたいです。

想像エピソードも見る

エピソード
imagination